FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

驚きの逆転

今月初めの礼拝メッセージで、
使徒の働き3章の後半を分かち合ったことの1部です。

20110605

美しの門のそばに置かれていた足の不自由な人が、
主イエスの名によって癒されて立ちあがりました。
その様子を見た人々は「我を忘れるほど驚」きました(10)。

しかしペテロは、人々に向かって
「なぜこのことに驚くのですか」と言いました(11)。

ここに「驚きの逆転」があります!

人々は、ペテロたちが主イエスの名で祈った時に、
足の不自由な人が癒され、立ちあがり喜んでいる姿に驚きました。
当然です。私もその場にいたら驚かずにはおれません。

しかしペテロたちは「なぜ驚くのですか」と言います。
主イエスを信じる信仰のゆえにこの人は強くなったのだ(16)。
つまり主イエスの名には力があるから、当然のことだという感じです。

主イエスを純粋に信じ、主イエスの名で心を込めて祈り、
どこまでも主イエスにより頼んでいくならば、
神の栄光を見ないはずはないということです。

もう一歩進んで以下のようにも言うことが出来るでしょう。
「主イエスの名で祈ったにも関わらず、何も起こらないとするならば、
 神の栄光が現わされないとするならば、そちらの方が驚きだ!」

Beautiful Gate

神が働かれて不思議なことが起こったことに驚く人々。
神が働かれない方が驚きだという姿勢の弟子たち。

「驚きの逆転!!!」・・・私が勝手に命名しました(笑)

もちろん、驚くばかりの神の栄光を
これからも見せて頂きたいと思います。

しかし同時に、生きている神を礼拝し、
主イエスの名によって祈っているのだから、
主の御旨がならないはずはない、神は栄光を現わして下さる、
生きておられる神が働かれない方が驚きだと言える、
そういう絶対的な信頼を持ちながら、今日も祈ります!

イエスは、それを聞いて言われた。
「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである。
 神の子がそれによって栄光を受けるのである。」 ヨハネ11:4

イエスは、「もし信じるなら、神の栄光が見られると、
 言っておいたではないか」と言われた。 ヨハネ11:40




日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<太宰 治 『如是我聞』 | ホーム | テナー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |