FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

山に向かって

先週の月~水曜日の修養会(研修会)への道中、
小樽を越えていよいよニセコに近づくに連れて立派な山が見えました!

羊蹄山」(ようていざん)という山で、日本百名山に数えられ、
その姿が富士山に似ていることから、蝦夷富士とも呼ばれているそうです。

羊蹄山

曇りの日だったのですが、どんとした圧倒的な存在感で、
思わず運転をしながらシャッターを切りました。

電線が邪魔ですね・・・。
後ろの席からF先生の「運転手~、危ないよ~」との声がありました。

函館から札幌へ何度か車で往復しているので、
視界に入らないはずはないのですが、知りませんでした。
名前は聞いたことがあったものの、こんなに雄大な山だったとは!

朝の羊蹄山

修養会の宿舎で一泊した翌日、朝風呂から戻られたS道先生が、
「素晴らしい風景です!これを見ない理由はありません」と言われるので、
宿舎の屋上に行くと、雲海が広がり神秘的な世界が広がっていました!

逆光なので、あの美しさを私のカメラで伝えることができないのが残念です。
さわやかな朝、ウグイスの音が響く中(それし分かりません・笑)、
びくともしない静かな大きさを見せる羊蹄山をしばし見入っていました。

雲海

D先生から「雲と霧の違いを知っていますか?」と尋ねられました。
知らなかった私に「雲海のウンチク」を語ってくれました(笑)
さすが山登りが好きなD先生。よく知っています。

新人のT先生は、屋上でやっと携帯のアンテナが立ったようで、
羊蹄山をバックに誰かとお話しをされていました。

羊蹄山をバックに

やはり思い起こす聖書の言葉は、詩篇121篇ですね。
 

 私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。
 私の助けは、天地を造られた主から来る。

 主はあなたの足をよろけさせず、
   あなたを守る方は、まどろむこともない。
 見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。

 主は、あなたを守る方。主は、あなたの右の手をおおう陰。
 昼も、日が、あなたを打つことがなく、
   夜も、月が、あなたを打つことはない。

 主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。
 主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。




日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニセコ | ホーム | 小樽を通って>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |