FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

火災保険

教会は、火災保険に加入しています。
毎年7月になると1年分を支払うので、けっこう大きいです。
教会の建物は、個人住宅ではなく、店舗扱いということもあるでしょう。

保険屋さんが毎年訪れて、契約をするのですが、
去年も一昨年も「ネットなどで調べて安いところがあれば、
そちらに移って下さっても良いですよ~」と商売っ気のない言い方をされます。

何だか大きな額の買い物(契約)をしている気分にもなりませんし、
それならばといつも良くして下さる自動車屋に見積もりをお願いしました。
すると喜んで素早く訪れてくれました。

しかも私(正確には私の父方の祖父母)が、沖縄出身であることを覚えておられ、
黒糖を使った和菓子まで持ってきてくれました。
以前に沖縄のドーナツをプレゼントしたから覚えておられたかな?

とにかくこの和菓子、とっても美味しかったんです♪
その和菓子が決定的だったわけでありませんが、
次の新しい契約をすることになりました!

その時の自動車屋さんとの話しで、先月の「雹」の話題が出ました。
昨日の記事で触れた6月10日の出来事とは、
ここ北見地方に「雹」が降ったことなのです!

雹⑤

かなり大きな雹で、その勢いに驚いたのと同時に、
農家の方々の被害が最小限に抑えられることを祈りました。
(旧記事「ひょうが・・・」)

自動車屋さんいわく、車にへこみが出来た被害が多く、
北見にたくさんの保険屋さんが訪れているようです。

そして以前の火災保険の契約事項の中に、「雹災」というものもあり、
20万円以上の被害だと、保険が出ますよ、と教えてくれました。

車もへこむほどの大きな雹です。
北海道の屋根は、積雪のためか薄いトタン屋根が多いのです。

そして教会の屋根もトタンなので、へこんでいるかもしれない、
そう思って屋根にはぎりぎり届かない梯子をかけ、
妻に梯子を押さえてもらいながら
おそるおそるデジカメで屋根の状態を写しました。

屋根のくぼみ

画像では分かりにくいのですが、確かに小さなくぼみが無数にあります。
これは雹以外に考えられないなぁというくぼみです。
「この程度で被害に入るだろうかぁ?」と思いつつも、
ダメもとで保険会社に電話をしてみました。

(保険会社に電話をしてどうなったのか、来週以降に続きます・笑)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Ⅱ歴代誌を読み終えて | ホーム | 現実に!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |