FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

思わぬ形で

さて雹災による被害で保険金が下り、屋根を塗装することになりました。
屋根の塗装と言っても、けっこうな買い物です。
大きな案件には「相見積もり」をするようにしています。

今回は2社にお願いすることにしました。
1つは、時々チラシの入っているA社。
もう1つは2年前にトイレの改修工事でお世話になったB社。

A社は電話をするとすぐに営業部長が駆けつけてくれました。
名古屋出身の営業部長とは、いろいろと話しが弾みました。
B社の見積もりが出る前に、もうこのA社に決めたいと思うほどでした。

B社は建築会社で、塗装部門を持っているのか、下請けに回すのか、
そのあたりが分からなかったのですが、とにかく2年前のトイレ工事では、
誠実な仕事をしてくれましたので安心感があります。

しかしこのB社。2年前もそうなのですが、
いつ見積もりをもって来られるのか、全く事前連絡やアポがありません・・・。
「北海道は、そういう業者が多い」と言うのですが、
心の狭い私は、その点がいつもイライラするところ。

それでも2年前も悔い改めたのですが、「郷に入りては・・・」です。
また聖書にも「ユダヤ人にはユダヤ人のように・・・」と記されています。
だから道民として生きている私は「道民には道民のように」です(笑)

そしてとっても感謝なことは、A社もB社も、
4方全面3段足場ではなく、高所作業車を使っての塗装なので、
足場の代金がかからなくなったのです!

さらに、屋根の塗装を安く抑えることが出来るので、
その分を2Fトイレの改修工事、案内板の貼り替え、
看板を外して立体文字の設置、さらに空調の設置、
冷蔵庫と掃除機の買い替えまでを予算内に入れることを考えたのです♪

保険会社からは、この保険金を屋根の塗装に使わなくても構わないこと、
その他のことに用いても良いことを確認しています(不思議~)。
ましてや塗装の予算を安く抑えて、他のことに用いることは、
全く問題ないとのことでした!

Ⅰコリント2:9

そうなんです。今年の初めに北見で宝くじの高額当選者が相次いだ時、
教会に「寄附をしたい」という電話がありましたが、寄附はありませんでした。

その時に妻が「もし高額な寄附があったとしたら、
屋根や看板をやり直しすることも出来るし、2階のトイレもねぇ」
と今年の初めに残念そうな口調で言っていたその言葉の全てが、
いやそれ以上のことが、思わぬ形で実現することとなったのです!

ハレルヤ~♪

明日は、主日礼拝です。
神様を信じ、主を待ち望んでいく時、思わぬ形で思わぬことをして下さること、
そしてそれは私たちの目には「突然」のように見えても、
神様には「必然」であり、時にかなった「美しい」出来事だということ、
そういう神様を信じている幸いを覚えながら、心からの礼拝を捧げます♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ほのかな光 | ホーム | 調査結果>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |