FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

交渉過程

A社の見積もりが出るのは、とっても早かったのです。
そして足場ではなく、高所作業車を使っての塗装なので、
保険金を全て使わなくても大丈夫だということがはっきりしました♪

そこで今回、屋根の塗装だけではなく、2Fトイレの改修工事、
看板や案内板の貼り替え、空調の設置、冷蔵庫や掃除機の買い替え、
ここまで全部を含めることが出来るはずだという私の皮算用でした。

A社の営業部長は、とてもビジネスライクで、サービスもするけれど、
「無理なところは無理」とはっきりしていましたので、
いろいろなお話しをするのにやりやすいものを感じていました。

交渉が成立すると、ちゃんと契約書を交わすこと、
そしてガレージと基礎周りの塗装はサービスすること、
だいたいそんな形で話しがまとまりました。

ところがB社は、まったくA社と対応の違う会社なのです。
今回B社は、専務さんが全ての窓口になり、交渉をして下さいました。
A社の営業部長とB社の専務、まるで「ウサギとカメ」ですね(笑)

ウサギとカメ
(ミスチルのツアーポスター? ウサギとカメの合体?)

A社は、先手必勝とばかりに素早く見積書を持って来てくれました。
B社は、いつ来られるのか、いつ見積もりを持って来られるのか、
電話もアポもなく、突然のように訪れたり、かなり長い期間を待ちました。
(これが北海道らしさだそうです)

しかしB社の仕事の丁寧さ、誠実さは、2年前に経験済みです。
アフターも万全ですし、お願いした仕事以上のことをしてくれます。
妻は、他の業者よりもきちんと片づけをしてくれるし、
社員教育も行き届いていると、女性の目からも良かったようです。

そこで今回、2Fトイレの改修工事の見積もりも
B社に同時にお願いしていました。
トイレ工事は、2年前の経験からB社に任せるつもりでした。

やっとの思いで、塗装と2Fトイレ工事の見積もりをB社が持って来られ、
内容は2Fということもあり、けっこうトイレ工事費が高いんですね~。
そこで幾つか指摘して、笑顔で「再考」をお願いしました。

2回目の見積もりで、以前よりも12万円安く持って来られました。
まず何をどう削られたのか、見積書の内容を確認しました。
さらに内容を検討しながら、「これはちょっと取り過ぎでしょう」とか、
「CAD使用料って要りますか?」とか、内容をいろいろ精査しました。

「ここを削られると、会社も食べていかなきゃいけないので・・・」と、
専務さんも少々顔を赤くし笑いながら返答されていました。

見積書
(A社の見積書には、教会だからかそれっぽい絵が入っていました・笑)

私はB社にA社の塗装見積もり価格を伝え、また今回の予算をお知らせし、
トイレと塗装の2つの工事をお願いした場合、
「どこまで勉強できますか?」とお尋ねし、「再々考」をお願いしました。
専務さんは「もう一度、会社に戻って最初から検討します」と言われました。

教会員の方々には、交渉が順調に進むように、良き工事がなされるように、
背後で祈ってもらっていました♪

さてその後、話しの早いウサギ型のA社にしたのか、
マイペースなカメ型のB社にしたのか、
明日に続きます!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<交渉成立 | ホーム | 交渉開始>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |