FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

後頭神経痛

もう2ヶ月ぐらい前のことですが(私のblog記事は遅れ気味・・・)、
今まで経験したことのない頭の痛みを感じていました。
激痛とかではなく、髪の毛を触るとピリピリするような痛みです。

病気と言えば、年に1回か2回、熱を出して風邪を引く程度で、
肥満気味(嫌な言葉・笑)を除いて、いたって健康な私。
(口内炎を時々、あと虫歯はありますが、ちょっと無視しています・・・)

頭の表面がピリピリする痛みを調べてみると、
どうやら「後頭神経痛」という頭部の神経痛らしいことが分かりました。

残念ながら(?)、決して頭の使い過ぎではないらしく(笑)、
ちょっとした頚椎の炎症らしいもので(webによる自己診断ですが)、
私の場合、4-5日でいつの間にか痛みは治まりました。

っと言うか、私は自分の痛みを忘れてしまっていたのかもしれません。
それは6月に実家に帰った時に元気だった大阪の父が、
ある朝、左半身に力が入らず、病院に運ばれ、
脳内出血だと分かったからです。

幸いにも止血剤を点滴で投薬したのがよく効き、
手術しなくても済み、1週間ほどで退院し、自宅でリハビリ療養中です。
(どうやら血液サラサラと血圧を下げる薬が原因のようです)

教会でも祈って頂き、また後遺症が出ないように
今も祈って下さっていることを感謝しています。
現在は杖なしで歩けるまで回復しました。

甥の誕生日
(6月、実家にて甥の誕生日を祝う)

長男の私が実家から遥か離れた場所に居るので、
近くに居る姉夫婦が何かと助けてくれます。

私よりも年下のお義兄さん(!)が、これまたよくしてくれるのです。
ホントにありがたいことです。
昨年の父の入院時にもお世話になりました。

母も2年前に「慢性硬膜下血腫」なるもので入院したことがあります。
もしかすると、私の家系は脳出血系???
なにはともあれ、家族が支えれていることは感謝です。

私の頭の表面がピリピリしている時、
普段から病める方々のためにとりなして祈ってはいるものの、
頭痛、神経痛、頚椎に関する病などを持っている方のために、
いつも以上に心を込めて祈りました。

教会に集っている子育て中のお母さん。
慢性的な頭の痛みの中で、言うことを聞かない子どもを育てるのに、
大きな忍耐と愛が必要です。主の支えを祈りました。

身体全体が倦怠感や表現できない苦しさに見まわれながら、
夜も眠ることができないこともある姉に比べると、
私の頭ピリピリ痛などまさに髪の毛の先程度の痛みです。

私の何百倍もの辛さを、主が御翼の陰で覆って下さり、
安らかな眠りが与えられることを祈らずにはおれません。

その他、様々な弱さを覚えている方々へ、長老ヨハネと同じ気持ちでいます。
「愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、
 あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、
 わたしは祈っている」 Ⅲヨハネ2

そして誰よりも、神の子であるにも関わらず、
人の子として歩まれた主イエスは、悲しみと病を知っておられます。

彼は主の前に若枝のように芽生え、砂漠の地から出る根のように育った。
彼には、私たちが見とれるような姿もなく、
輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。

彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。
人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。
だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。

しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、
私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、
彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
                        イザヤ53:2-5


明日も皆さんが様々なことから支えられて、
癒し主、そして救い主である主イエスをご一緒に見上げ、
全心全霊全力の礼拝を捧げられますように!


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<案内板の作成 | ホーム | 祝40歳!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |