FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

立体文字の完成

隣町から来られる看板屋さんが、何度か寸法を測りに来られ、
いろいろと打ち合わせをしながら立体文字を注文しました。

この立体文字を貼っている最中、35度を越える日もあり、
屋根のトタンが膨張しているのと、直射日光がきつ過ぎるのとで、
作業が出来なくて途中で帰られたこともありました。

そうかと思えば雨が続いたり、お盆を挟んだりと、
なかなか作業が進まなかった立体文字ですが、
8月の下旬に見事に完成しました♪

↓塗装前の様子(2009年4月10日撮影)
20090410撮影

文字を塗りつぶす前にしっかりとやすりをかけてもらい、
古い文字が浮き出ないようにお願いしました。
時々、つぶれた商店の看板などを外して塗装はするものの、
前の文字が浮いているという事態を避けたかったからです。

やすりかけ、錆止めの1度塗り、そして本塗りと塗られた屋根に、
出来具合を心配していた立体文字が取り付けられました。

屋根の立体文字

私の満足度「70%」という仕上がりですが、ぎりぎり合格点でしょう。
デザイナーが作った良いものをnetで見過ぎたので、辛口です。

字のバランスが「?」のところが幾つかあります。
でも、一生懸命作業をしてくれていたので、言いにくくて・・・。
看板屋のおじさんと仲良くなり過ぎました(笑)

この屋根の立体文字は、近くから見るものではなく、
遠くから見るものなので、アップにしない方が良いですね(笑)

晴れの日に

しかし以前と比べれば、昭和の雰囲気も一掃され、
とっても良くなったと思います。
何よりも薄くなっていた「北見」における「神」の「愛」が、
これではっきりとしたのですから!

さて続いて正面の看板を取り外して、立体文字を付けた仕上がりです。
こちらは、90%の満足です♪
100%と言わないところに、私の飽くなき向上心があります(笑)

正面の立体文字

前任のK先生が修繕してくれたものが剥がれ落ち、
ハシゴをかけて頑固にへばりつく両面テープの糊を剥がし、
おかしな文言も削り取っていたのですが、とても残念な状態の看板でした。

しかしそれらも「今は昔」。
とっても教会の正面全体が良くなったと思います。

私たちが来た1年目に、廃材で花壇やモニュメントを作成しました。
2ヶ月に1度来られる置き薬屋さんが「イメージが変わりましたね」と、
言ってくれました。

そして3年目に、屋根の塗装、立体文字の設置、案内板の取り換えなどをし、
少しずつ少しずつ外観の雰囲気が良くなってきていると思います。

雨上がりに
(土砂降りの雨が上がり、夕陽に照らされて)

そしてキリストの教会ですから、外側だけではなく内側も、
すなわち私たち自身もいよいよ整えられていきたいと思います♪

(え、会堂よりも手前の「とうきび」の方が気になる?
 そうなんです、この時期の北海道のコーンは最高です♪
 畑のおじさんのおすそ分けを待っています)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ありのまま」と「そのまま」 | ホーム | 立体文字のイメージ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |