FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

おいとめい

私は自分の叔父さんにとてもよくしてもらいました(旧blog参照)。
なので私も伯父・叔父として(×オジサン)、甥や姪によくしてあげたいのです。

日曜日の礼拝に出席した7人の甥と姪に、
ご褒美としてお菓子を手渡したり、いろいろとサービスしました。

なのに、2歳の2人の姪たちは、私のことを不審がっていました(笑)
それでも沖縄の姪の方は、帰りの日に何度もハイタッチをしてくれました♪

小さな沖縄県から広~い北海道に来て、
沖縄の2人の姪たちはどんなことを想い出にしたのかな~?

沖縄の姪たち

礼拝後の交わりで、弟夫婦の賛美に合わせてドラムを叩いた小5の甥は、
なかなかのヤンチャですが、そこがまた6年前に亡くなった私の弟、
彼の父にそっくりなんですよね~。

今回は2日間とも私のベッドのそばで彼は眠っていたのですが、
その寝顔も弟にそっくりです。
いろんな思いが込み上げてきました。

甥と

その甥が、教会の前にある河原を探検して帰ってきて、
「しげにぃ(彼は私のことをそう呼ぶ)、こんなに大きな魚がいた!」
と両手を広げるのです。

私は「え~、そんなに大きかったか!」と返答するのですが、
内心「まさか鮭が遡上するわけはないし、何かの見間違いだろう」
と思っていたのです。

ところが翌日、甥の言葉を信じて一緒に見に行った義妹が、
「お義兄さん、大きな鮭がいるんですね~」と言うのです!
その言葉に驚いて、何人かで河原に見に行きました。

すると大きな鮭がいるじゃないですか!
本流から逸れて、水たまりのようになった小さな支流にいたのです。
しかも、力尽きて死んでいる鮭もまでもいたのです。

シャケ

「鮭が遡上する川だったんだ!」という驚き以上に、
口では否定しなかったものも、
甥の言葉を信じてあげられなかったことを伯父として情けなく思いました。

「良い伯父でいたい」と決心していたのに(旧blog)、ごめんね。
大きく反省しました。

この甥に「北海道に来て一番美味しかった食べものはなんやった?」
と聞くと、即答で「目玉焼き!」と答えたことにも驚きました(笑)
ホテルで食べた目玉焼きの半熟具合が、彼にフィットしたようで、
4つも食べたそうです・・・。

ちなみに2番目に美味しかったものを尋ねると、
「カニ!」との返事に少々胸を撫で下ろしました。

北海道が気にいったようで、「俺、北海道に住む」と言っていました。
「冬はマイナス20度越えるぞ~」と脅したのですが、
冬の北海道にも興味津津のようでした。

大阪の甥は、空港で分かれる時、なぜか
「握手してください」とか細い声で言ってきました(笑)
最後までなついてくれなかった大阪の姪も、
少しだけ手を振ってくれました♪

7名の甥と姪たちの成長を、北の大地から祈っています。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<約束の虹 | ホーム | 家族旅行>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |