FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

移動

北海道の道を運転する際に気をつける動物は、
鹿とキツネです。さすがに熊にはまだ遭遇していません!
しかし今年は、タヌキによく遭遇します。
私だけではなく、何人かの方が同じことを言われていました。

北海道で生まれ育った81歳のIさんは、
「今まで見たことないね~」とのことでした。

「アライグマ」のように、外来種の襲来か?
あるいは温暖化などの影響で、タヌキが住みやすくなってきた?

そんなことを思っていたら、山の食べ物が少なくなって、
エゾタヌキが道によく出てくると聞きました。
もともとタヌキさんは、おられたんですね~。

母子室のストーブ

タヌキの移動に伴ったわけではありませんが、
毎朝の祈りの場所が、礼拝堂から母子室へと移動しました。

最低気温が氷点下になる11月中旬なので、
私たち2人だけのために礼拝堂を温めるのは不経済ですし、
もうファンヒーターでの部分温めでは、体が凍ってしまいます(笑)

この母子室のストーブ、小さいのですがよく温まります♪
このストーブの周りで、聖書を読み、
そして母子室の中をぐるぐる回って祈る、朝の静かなひと時です。

母子室の窓から

道産子見習い3年目、北の大地で迎える3回目の冬。
そろそろ氷点下と雪、しばれる世界への「移動」です!

あと5カ月後ぐらい、しばらく「冬眠」しています。
さようなら~・・・

なんてことはありません!
もうすぐホワイト・クリスマスです♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<この街に | ホーム | 大掃除>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |