FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

「救い主に出会って」

先週金曜日のキャンドルサービス、とっても素敵なひと時でした。
北見に知り合いがいるわけでもなかった私たち夫婦ですが、
年々、共にクリスマスを祝う方々が加えられていることを感謝しています♪

キャンドルサービスはⅡ部構成で、
Ⅰ部はキャンドルライトを灯しながら、礼拝のひと時でした。

キャンドルサービスの様子

キャンドルサービスは、何となく「厳かに」というイメージがあり、
いつも固くなってしまう私なのです・・・。
そしてその私の固さが、初めて教会を訪れた方々にも伝染している、
そんな感じがありました。

しかし妻に「いつもの礼拝の通りで良いよ」と励まされ、
もちろん主への畏れは忘れることなく、
しかし「静かに&ほのかなあたたかさ」をイメージしながら
司式をさせて頂きました。

全員で25名が集われた中で、クリスチャンではない方々が半数以上、
そして全く初めてお会いする方々が4名おられました。
その4名の方々も意識しながら、次のようにプログラムを進めました。

「もしかすると『場違いな所に来たかも知れない』と思われていたり、
 少々緊張されている方々もおられるかもしれません。
 
 昨年、同じように初めて教会のキャンドルサービスに集い、
 そして少々緊張しておられたSさんという有名な方がおられます(笑)

 今ではSさんは、以前から教会におられたような顔をされていますが、
 ちょうど1年前に初めて教会に足を運ばれました。
 
 今からそのSさんに、『救い主に出会って』という体験談を
 語っていただきます。どうぞしばらく耳を傾けて下さい」

救い主に出会って

Sさんは、証し(体験談)の中で、以下のようなことを一部話されました。

まだ、自分に自信は持てませんが、
「私、クリスチャンなの」と言っても
誰にも信じてもらえない自信はあります。


皆さん、笑われました(笑)
こんな面白いことを皆さんの前で話すなんて、
牧師に似てきたのかな???(冗談です)
そして言葉を続けました。

それではいけないのでしょうけれど、
それでも主はこんな私でも愛してくださっているということ、
物質的ではなく、心が満たされているということ、
それだけで充分感謝だと思う毎日を過ごしています。


私もそうですが、自分に自信がなくても、
主イエスを信頼し、主イエスを誇りとして生きていけることが幸いです。

そんなSさんの1年前とは違う姿を目の当たりにしながら、
そして1年後のキャンドルサービスでこんな風にお話しをしているなんて、
誰も想像していなかったことを神様は計画されておられました。

驚きと、喜びと、感謝と、嬉しさが混ぜ合わさった気持ちで、
静かにそして確かに光るキャンドルライトを見つめていました。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<喜び | ホーム | キャンドルサービスの日に>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |