FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

正直者は・・・

昨年12月のある日曜日の午後、皆さんで愛餐会(昼食)の時を持ち、
礼拝で語られた御言葉や近況などを分かち合っていました。

その時、最年長81歳のIさんがある話しの流れの中で、
「『正直者は馬鹿を見る』と言われますが、
 正直者は馬鹿を見ません」と優しい声で言われました。

私はとても心動かされる思いがしました。
Iさんに出会って2年が過ぎようとしています。
Iさんは、戦後の苦しいところを通って来られました。

全部は語られませんが、81年の生涯の中で、
頑張っても上手くいかなかったこと、大きく裏切られたこと、
そういうところを何度も何度も通られているはずです。

そのIさんが、「正直者は馬鹿を見ません」と言われました。

真意は、「騙されたり、裏切られたり、報いられなかったり、
評価されない、そういうところを通ったとしても、
誠実に神様を信じ、誰が見ていようが見ていなくても忠実に、
正直に歩んでいく者に、『馬鹿らしい人生だった』などと
神様は言わせないと思います」、そういう確信だと思います。

honesty
(honestyという名の植物があるようです!)

またIさんは1月のある日曜日の午後、
「○○のことで、聖霊に励まされて前進していきます」と言われました。

もし私が81歳だったら、もう「前進」とか言わないと思います。
「今まで十分にやってきたので、後のことは若い皆さんにお願いします」、
きっとそんな81歳だと思うんです、私は・・・。

パウロの言葉が響いてきました。
「兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。
 ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、
 ひたむきに前のものに向かって進み、
 キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、
 目標を目ざして一心に走っているのです」 ピリピ3:13-14

私がIさんの言葉を受けて上記のようなことを話し、
「81歳のIさんに負けないで、私たちも聖霊に励まされて前進しましょう!」
と思わず言うと、皆さんが「アーメン!」と言われました。
もちろん勝ち負けではないのです(笑)

キリストとコーヒーの香り

今年は昨年以上に、日曜日の午後をとキリストをまん中にして、
コーヒーの香りを楽しみながら、ゆったりと過ごす時を持ちたい、
そう思っています♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<似ている?・・・③ | ホーム | 凍ったど~!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |