FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

サクラサク

受験に合格したことを北海道では、
「サクラサク」何て言わないのでしょうね。

本州では「五月病」の真っ最中の5月にならないと、
北見では桜が咲きません。

今年は、高校受験生、正社員採用試験、国家試験などの受験生がおられ、
先週の金曜日まで、主の守りと支えを祈ってきました。

中途採用の正社員試験に合格し採用されたH君、
1年前よりぐんと成長した高校受験合格のSちゃん、
国家試験合格後にご主人から素晴らしいプレゼントが待っていたTさん。

国家試験に合格していなければ、決まっていた就職内定が取り消され、
試験にも実力を発揮できなかったと落ち込んでいたS君、
先週お母さんが涙しながら合格の知らせを電話してきてくれました。

まだ桜は咲いていませんが、サクラサク4人の笑顔がありました♪

5月の桜②
(昨年5月の桜)

「喜ぶ者と共に喜ぶ」教会なのですが、
「泣く者と共に泣く」のもまた神の家族の教会です。

当落線上ギリギリで正社員登用試験不採用だったSさん。
悔しい思いや、若干の涙目もあったようです。
しかし同時に周りの方々にきちんとお礼を言われたそうです。

不採用とか、不合格とか、
世界で一番悲劇のヒロインになりやすいその時に、
それでもお世話になった方に感謝を表す力は、聖霊からのものでしょう。

合格された方々だけに神様が働いておられるのではなく、
不採用だった方にも、不思議に神様は働いておられました。
悲しみのすぐそばに、慰めの主が寄り添っています。

サクラサク方々だけに桜が咲いたのではなく、
涙目になっているSさんにも、
確かに目には見えない桜が咲いているのが見えました♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春だから? | ホーム | うなずかれる主>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |