FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

十字架の日

今年に入って、3人の方と個別に聖書の学びをしています。
礼拝や祈祷会では、分かりやすく聖書の言葉を語っているつもりですが、
聖書初心者の方々のために、お茶を飲みながら、質問も受けつつ
聖書の中心的な教えを入門的にな学んでいます。

火曜日の午後、Nさんと聖書の学びの時を持ちました。
祈っていた就職口も与えられ、休みの日に教会に来られ、
共に神の言葉を分かち合えることは私にとっても喜びです。

一方的にならないように、質問をしたり、感想を聞くなどします。
どうしてもキリスト教用語が登場するので、
そういう専門用語を出来るだけ身近な言葉に置き換えたり、
補足説明などをしています。

「愛するってどういうことだと思いますか?」とNさんに尋ねました。
しばらく「うーん」と考えられていたNさんは、
「大切にすることだと思います」と言われました。

私の予期しなかった答えに、とっても感動しました。
そして日本に聖書が伝えられた時、「愛」が「ご大切」と訳されたことを紹介し、
神が私たちを愛するということは、私たちを大切にされるということですねと、
2人で確認をすることが出来ました。

cross

また最後に「今日の学びを通して何か質問や感想がありますか?」と尋ねると、
またまたしばらく「うーん」と考えられていたNさんは、
「神様が全てをしてくれたんですね」と言われました。

またまた予期せぬ返答に、私は再度感動しました。
本当にそうですね。自分で自分の罪の責任をとることができず、
神ご自身が1人の御子をこの世に遣わされ、罪のないお方を罪とされました。

「神様が全部してくれた」、
私たちはただ信じるだけで救われます。
何と感謝なことだろうと、主イエスを仰ぐ十字架の日です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<先輩牧師から | ホーム | 洗足日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |