FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

工事が始まる

先週の月曜日から、礼拝堂拡張工事が始まりました。
祈祷会でも、前日の礼拝でも皆で祈りました。

ただ礼拝堂が広くなるだけではなく、
空席に座る方々が1人また1人と加えれていくこと、
その中には初めて会う方々もいれば、
家族や友人ももちろんいます。

そのように真の神を共に礼拝する方々のことを思いながら、
祈りつつ工事が始まりました。

母子室側から

今日現在は、既に工事が完成しています。
まだ1週間ちょっとしかたっていないのに、
私にとっては何だか懐かしくも思う、母子室側からの壁の風景です。

3人の大工さんを中心に、電気屋さんとクロス屋さんが加わり、
皆さんとっても味わい深い方々で、良き交わりをさせてもらいました。

壁をはがす

12mmのボードが2枚も壁として使われていたようです。
現在の主流は9mmで、しかも1枚だそうです。
40数年前にこの建物を建てた大工さんは、丁寧な仕事をされてうたようです。

そして今回の3人の大工さんも丁寧な仕事をしてくれました。
建築関係は、目に見えないところをどこまで手を抜けるか、
それが儲けとなっていくと聞いたことがあります。

例えば4本ビスが必要なところを3本にしてみたり、
入れるはずのものを入れなかったりなどなど、
外側を仕上げたら分からないところを手抜きされるようです。
(良くない業者の話しです)

Nさんのお父さん
(柱の番号は、下の番号と一致しています)

施主の私が時々眺めに来るからというわけではなく(笑)、
3人の大工さんたちは、「~だべさ」という北海道弁を連発しながら、
職人さんらしい仕事をしてくれました。

礼拝に集い始めているNさんのお父さんは、足を痛めていたのですが、
役割分担をしながら働いておられました。
笑うと前歯が数本だけ見える、屈託のない笑顔のお父さんです。

3本の柱

①の柱は、残す柱です。
②の柱は取って、梁を入れることで補強します。

事前の話し合いでは、③も取れるはずだったのですが、
2階の床を支えている柱だと分かりました。

この③の柱を取らないと、礼拝堂を拡張する意味が半減します。
そして大工さん3人が集まって協議をしました。
そしてどうなったのかは、また明日の記事にて!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<3人寄れば・・・ | ホーム | 突然>>

コメント

改装工事楽しそうですね(^^)
電気工事なら私に任せてくれたらwww

今も泉佐野でたまに呼ばれます(^^)/
2012-05-02 Wed 19:43 | URL | czj/ [ 編集 ]
Re:
czj/さん、コメントをどうもです!

工事って楽しいよ♪

電気工事は「こうしておけば良かった」って
思ってるところがあるねんなぁ。
電気だけは、ビリビリが恐くて手が出ない(笑)

泉佐野のついでに、北見もお願い!

2012-05-03 Thu 08:01 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |