FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

決心や決断

いわゆる「人生の三大選択」というものがあります。

①学校を選ぶこと
②職業を選ぶこと
③伴侶を選ぶこと


「いわゆる」であって、全ての人にあてはまりませんが、
それでも確かにどれも大きな決断が迫られるものですね。

また上記以外にも、様々な選択が迫られます。
人生とは、選択の連続なのでしょう。

ある人が「60歳を越えると、大きな決断が出来なくなる」と言いました。
そこに迷いや躊躇、リスクに対する保守的な思い、
また背負っているものの大きさとその決断への影響、
さらに即決出来なくてタイミングを逃してしまう、と言うのです。

ただでさえ保守的な私が、60歳を越えてしまうとどうなるのでしょう(笑)

アブラハムが75歳の時に「行き先を知らずして」神の示す地に出かけたこと、
モーセが80歳の時に「出エジプト」をしたことを思う時、
信仰による決断って潔いなぁと思います。

choice

最近、3つの決断を迫られました。
1つは既に決心していたのに、不安になって「即答」出来ませんでした。
ペテロが波や風を見て溺れそうになったような、そんな感じです。
しかしもう一度、キリストを見つめました。

もう1つは、「NO」の返事をしました。
とっても「美味しい話し」だったんですよ、ホントに(笑)
しかしお気持ちだけを頂いて、ありがたい申し出をお断りしました。

私に迷いがなかったことも不思議なのですが、
「惜しいことをした」なんて思いも無いことも不思議です。

むしろ「NO」を選択したことによって、
大きく開けてくる世界があることを期待して祈っています。

最後の決断は、深刻に悩みました。
今までの私の基準を変えるような決断です。

しかしその基準の変更は、安易な妥協ではなく、むしろ挑戦でもあり、
小さな私の考えを越える、新たな視野と多様性を教えられました。

そして悩んだ分だけ、ある方が間接的に語られた主イエスの言葉が、
私の魂の中に響いてきました。

(上記の3つは、どれも大きな責任を伴うものであったりするので、
 具体的なことはblogに書けず、抽象的な書き方で申し訳ありません)

chice2

選択や決心・決断は、ある一定の期間の中でする決断もあれば、
また即答する形で決めてしまうもの、
そして何年もの長い間、ずっと悩み考え続けるものもあります。

あるいは選択権すらもないような形で強いられ、
そうせずにはおれないという決心もあるでしょう。

何をどのように決心し、決断をするかということは、
もちろん大切なことです。

しかし同時に、判断の難しいことがらに関して、
真に自分の内側を探りながら、そこに欲や虚栄心がないかを見極め、
同時にどうすることが神の栄光につながっていくのかを祈りつつ、
そして聖書を読みながら神と交わっていくことの大切さを教えられました。

そしてそうやって決めたことがらであれば、
たとえ間違った選択をしたとしても、それでもまた祈り、
主の言葉を聞き続ける中で、修正して頂けるのだろうと思います。

そう、カーナビのようにですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2012年北東地区合同集会 | ホーム | 聖霊に励まされて>>

コメント

おはようございます。なんという神様のアレンジメント。私も今、決断を迫られています。重要な仕事を進めながら、人のココロを量りにかけなければならないような決断です。私がとった選択は「量りにかけない」ですが・・・もちろんそれですっぱりとは行きません。
でも、今のこのお引き合わせで、やはり主は生きておられると知りました。先生のお言葉を支えとし、これからも真剣に選択を考えて参ります。先生に神様の祝福があられますように。
2012-07-18 Wed 10:04 | URL | びぶ [ 編集 ]
びぶさん、コメントを感謝します!

「すっぱり」とはいかないことってありますよね。
でも、びぶさんが祈りつつ決断したことを、
主が導いて下さることをお祈りします。

2012-07-18 Wed 22:04 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |