FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

反省について

コピーライター仲畑貴志氏のキャッチコピーに、
CMの「反省だけなら猿でもできる」というものがあります。

「反省猿」が流行っていた時代ならではですね。
私が中学生ぐらいの時だったと思いますが、
このCMを初めて見た時、とっても驚いたのを覚えています。



私が「反省」という言葉を、あまり好きではないのは、
一昔前のこのCMのせいではありません(笑)

何かの行事などが終わった後、
もっと「感謝」や「恵み」を数えたら良いのに、
どうしてマイナス面ばかり数えるのだろうという意識です。

もちろん「反省」することによって、
次に生かしていくという意図は大いに認めるものです。

しかし「反省」を強調される方は、
どうも自分のことを反省するのではなく、
他の誰かの何かを暗に批判しているだけのようにも感じます。

そしてそういう誰かの「反省」を求める心に、
自分を主張する思いを私が勝手に感じてしまい、
嫌になっちゃうんですね~。

これは私の心の狭さのせいで、
それこそ「反省」しなきゃいけません(笑)

そんなこともあり、以前から私は「反省」について以下のように考え、
こういう「反省」はしないように心掛けています。

①プラス面を全く数えることのない反省
②自省のない反省



しかしある事柄について考え、祈り、瞑想し、黙想している時、
「反省」の積極的な面を見出しました。
そのことについて、明日の記事で紹介します。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<反動について | ホーム | 見えざる御手>>

コメント

先生のブログは、本当に私が今直面している問題をあらわにしてくださいます。なんという主のお引き合わせでしょうか。
私も、反省することにむなしさを感じるようになりました。神様に「罪を犯しました、お許しください」と言えばすむのか?罪を犯した相手に対しては何もしなくていいのか?・・・
この悩みはまだ解決していませんが、ひとつ思ったのは、そのようなとき、自分のココロの中の光を見つめてみようということでした。
罪を犯した相手に、今いくら言葉をつくして詫びても許しては貰えない、かえって相手を圧迫してしまう。その時間を、神様への想いに費やしてみようかと。神様の声を待ち望む想いに費やしてみようかと思っています。
2012-07-27 Fri 10:55 | URL | びぶ [ 編集 ]
Re:
びぶさん、コメントをどうもです!

罪の解決は、神様の領域ですね。
そして自分の罪を知れば知るほど、神様の愛とあわれみが迫ってきます。
びぶさんに、主の平安を祈ります。

2012-07-27 Fri 22:36 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |