FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

名前を呼ばれる

「今までで、一番嬉しかったことってなんですか?」
聖書の学びをしながら、Nさんに尋ねた質問です。

Nさんに問いながら、私だったら何て答えるかなぁと考えつつ、
「私はね、結婚したことが嬉しかったですね」と答えました。
(・・・・失礼しました・笑)

どうしてこういう質問をしたかと言いますと、
ちょうど天国(新天新地)のことを学んでいたからです。

「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」 ヨハネの黙示録21:3-4


この部分の積極的な説明として、「嬉しいなぁ」「感謝だなぁ」「主は素晴らしい」、
そういう思いが溢れているところ、それが天の御国だと伝えたかったのです。

Nさんは、「一番って言われても・・・・」ともぞもぞ考えています。

私は
「そうですよね。一番じゃなくても良いですよ。
 こういう時、嬉しかったなぁっていうことを教えてくれませんか?」
とお尋ねしました。

Nさん

するとぽつぽつとNさんが幾つかあげた中で、一番先に言われたのが、
「中学の時に、ラジオで自分の名前が呼ばれた時」でした!

私は思わず、
「分かる、分かる~!私は無いですけど、自分の出したハガキ、
 ラジオから自分の名前が呼ばれる、ドキドキして、嬉しいよね~、うんうん」
そんな返答をしました。

そんなNさんに、日曜日の洗礼式で伝えたかったことを、
時間がオセオセになってしまって言えなかったので、blogに綴ります。

Nさん、Nさんを創造された主はいまこう言われます、
「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ、
 あなたはわたしのものだ」(イザヤ43:1)。

 父方の祖父がつけてくれたというNさんの名前は、
 少々読み方が難しくて、どの教師も正確に読めませんでしたが、
 Nさんが生まれる前から、神様はNさんの名前を呼んでおられます。

 神様の御手(たなごころ)には、Nさんの名前が刻まれています。
 (イザヤ49:16)

 洗礼を受けるNさん、あなたの名前はしっかりと
 小羊のいのちの書に記されています(黙示録21:17)。

 これからは何を喜ぶよりも、Nさんの名前が天に記されている、
 そのことを忘れないで、そして喜んでいきましょう(ルカ10:20)」



ラジオから名前を呼ばれることも嬉しいものですが、
これから毎日、主がNさんの名前を呼ばれます。

God Bless Nさん!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<恵みはとこしえまで | ホーム | 喜びの日♪>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |