FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

しまった!

よくニュースで「オレオレ詐欺」などの被害が報道されます。
最近もある札幌の高校の名簿が使われたようで、
200万円を息子だと信じて振り込んだとのこと。

「電話では、息子の声かどうかということよりも、
 200万円を必要とする事柄の方に意識がいってるのかなぁ」、

「全員が引っかかっているわけではないけれど、
 何十人に1人ぐらいの割合で被害者がいるんだろうなぁ」、
そんな風に思っていました。

そんな私も、先日、だまされてしまったのです・・・。
「オレオレ詐欺」ではありません。
下記のメールが届いたので、思わずクリックしたのです。

不審メール

送信元:日本郵更 [info@ec9zr36pu53ey.in]
件  名:レターバック※宛先不明により集中センター保管中
    ※受取先ご確認をお願い致します

メッセージ:現在、お客様宛のレターメールをお預かりしております。
配送先のご確認が必要となっておりますのでお手数ではございますが、下記よりアクセスの上、配送確認をお願い致します。本メール配送便に関しまして、お届け先不着の状態ですとお届けが出来ませんのでご注意下さいませ。


少し考えてみると、「@」以降が日本郵便らしからぬアドレスですし、
「レターパック」ではなく「レターバック」となっていますし、
私の名前も、発信元の住所や名前も載っていませんし、
すぐに「不審メール」だと分かるはずなのですが、
深く考えることなくクリックしてしまったのです。

クリックして現われた画面は、もちろん日本郵便のHPではなく、
白いページに数行に渡って何やら文章が書かれていて、
正確ではありませんが「確認完了しました」というような内容でした。

すぐに「やられた!」と思った私は、日本郵便のHPを開くと、
「郵便物の配達を装った不審メールにご注意ください」と
ちゃんとHPに載っておりました・・・。

不審メールに注意
日本郵便のHPから

そして記されているお客様サービス相談センターに電話をし、
メールを開いてリンク先をクリックしたことによる被害などが
報告されていないかを確かめたところ、そういう届けはないそうでした。

すぐパソコンにスキャンをかけ、
ウィルスなどは発見されなかったので、ひとまず安心しました。

パソコンの「遠隔操作」のニュースが報道された時、
妻に「俺はあなたに遠隔操作されている」と冗談を言っていました(笑)

また電話(web回線を含む)の勧誘のしつこさ、
訪問販売や悪質な業者に気をつけようと教会員と話していました。

やや人ごとのように言っていたのですが、油断大敵です。
自分こそ、気をつけなきゃいけないなぁと思いました。

「蛇のようにさとく、鳩のようにすなおでありなさい」
                   マタイ10:16

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<主よ、感謝します! | ホーム | 勘違い>>

コメント

私も今、うっかり開いてしまいました....。
お客様サービスセンターでは、被害内容や対処法などの情報は一切収集していないとのことでした。
HPのお知らせは、あくまで、うちの責任じゃないのよ、うちが送ったんじゃないのよ、の告知のようですよ...

セキュリティスキャンはしてるけど
新しいウィルスは検出できないと思うし
大丈夫かなぁ...と不安です
2012-11-01 Thu 17:39 | URL | りり [ 編集 ]
Re:
りりさん、コメントをありがとうございます!

開いてしまいましたか・・・。
思わず開いてしまいますよねぇ。

> お客様サービスセンターでは、被害内容や対処法などの情報は一切収集していないとのことでした。
> HPのお知らせは、あくまで、うちの責任じゃないのよ、うちが送ったんじゃないのよ、の告知のようですよ...

やはりそうでしたか。
そんな口調のように感じました。

不安なお気持ち、よく分かります。
私のパソコンは、Microsoft Security Essentials(無料)をインストールしているので、
「Microsoft は継続的に新しい脅威を追跡しており、PC では最新の保護状態が保たれます」
を信じて安心するようにしています。

こういう安易に信じてしまう性格が、
うっかりメールを開いてしまうことにつながっているのでしょうが・・・。
2012-11-01 Thu 20:56 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |