FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

キレイゴト

10月最後の日曜日の午後、皆さんで教会の大掃除をしました。
大掃除と言っても普段から私がこまめに掃除機をかけ、
細かいところは妻がやってくれているのでキレイなものです。

寒くなる前に(っと言っても11月に入って最低気温がそろそろ氷点下)、
網戸を外してしまい込むのに拭き掃除をし、窓とサッシを拭きました。
(雪国は、雪が降る前に網戸を外します)

大掃除ならぬ「小掃除」という規模で、
みんなでワイワイガヤガヤとあっという間に終わってしまいました。

掃除後にいただきもののバームクーヘンを食べながら、
意外にもいろいろな方向に話しが流れていきました。

Sさんが、以下のようなことを言われました。
「コンビニやスーパーで店員にやっかいなクレームをつける人は、
 会社の営業で上手くいかなくて、自分より立場の弱い人に
 いろいろと文句を言うことで発散していると思います。

 だからそういう人を見かけたら、
 『営業、お疲れ様です』と思うようにします」

なるほどね~。そうだったんですね。
ざっくばらんにいろいろなことを話しました。

秋の教会
(網戸を外しました。境界線を知らせる雪用のポールも取り付けられています)

また最近の時事から、以下のようなことも話題になりました。
「尼崎のような事件がどうして起こるのか」
「その背後にあるものは?」
「どうして人は人を支配するのか」

みなさんが、ワイドショー的な感覚で「対岸の火事」の出来事として
第三者、傍観者、評論家としてでもなく、事の大小はあったとしても
自分自身に関連付けながら話しておられることに感心しました。

いつもキレイなのですが、「小掃除」後のさらにキレイになった会堂で、
教会へ集い信仰を持っていること、聖書を読んでいることが、
決して絵に描いた餅のような「キレイゴト」の世界ではなく、
美しくない現実の世界に生きる力となるためのものであることを確認しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夕暮れ時 | ホーム | ご当地のものを>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |