FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

会議にて

先週の大半、東京での会議に参加してきました。
決算や予算、行事計画さまざまな議案が話し合われました。

全ての会議が終った最終日の昼、
大病を患ったある先生が声をかけて下さり、一緒に食事をいただきました。

「元気な時は、忙しく動き回っていました。
 しかし組織や制度、人には解決できないことがあります」

正確な文言ではありませんが、以上のようなことを話されました。
まだ何もしていない私が言うのではなく、
震災後も休む間もなく、家に帰る間もなく忙しく駆け回り、
恐らく過労が原因で病に倒れられた先生が言われた言葉なのです。

もしかすると私は、敬愛するこの先生のこの言葉を聞くために、
今回の会議に出席したのではないだろうかと思うほどです。

会議中
(「六甲のおいしい水」が懐かしかった♪)

会場が懐かしい神学校のチャペル棟ということもあり、
当時学んだ私たちのグループの伝統を思い起こさずにはおれません。

私たちの教団(グループ)は、
「組織としての教団を存続させることにではなく、
 教団を生み出した、聖霊の運動を継承することに力を注ぐ」
ことに重きを置いています。

また会議では立法機関として様々な制度を決めていくのですが、
「組織が官僚的になり、聖霊・信仰によらなくても動くようであれば、
 教団のもともとの意味を失ってしまう」ことになります。

「他方、散らされた人たちは、みことばを宣べながら、巡り歩いた。
 それでその町に大きな喜びが起こった」使徒8:4、8


今回の会議で決議された2013年の私たちのグループの御言葉です。
主の言葉を宣べ伝えながら、その町に大きな喜びが起こるという使徒8章が、
日本全国の教会を通して見させて下さいと聖霊に期待しつつ帰途につきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タフだなぁ | ホーム | 小さな集まりなれど>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |