FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

相乗効果②

私は北海道に来て4年目の冬を迎えています。
1-3年目は好奇心いっぱいで、見るもの体験するものが新鮮で、
濡れタオルを振り回して凍らすなど、雪国の生活を楽しんでいました。

しかし今年は11月半ば過ぎから、雪の季節を迎えるのが億劫でした。
明日はマイナス何度だからトイレや水道の水栓をとめるとか、
豪雪地帯より少ないとは言え、雪かきをしてもまた積もることとか。

車の運転も吹雪いたり滑ったりと気を遣うこととか、
白い息を吐きながらシベリアのような凍てつく廊下を歩いてトイレに行くこととか
(シベリアなんて行ったことないのですが・笑)。

4月半ばぐらいまで雪と寒さに閉ざされた世界が続くと思うと、
まだ始まってもいなかったのに、11月半ばに漠然とした億劫さがありした。

厳しい雪国で生活し続けてきた道産子の皆さんにはホントに頭が下がります。
また昭和の厳しい時代を生き抜いてきた北国の先人たちに比べると、
私がどんなに恵まれた生活をしているのかと重々頭では分かっているんです。

自分でも情けないなぁと思いながらも、
11月下旬に風邪を引いたこともあってか、
「はー、冬か・・・」と少しだけ気が滅入っていました。

でもね、昨日記したOさんと一緒に聖書の言葉を学び、
共に主の御言葉の約束に伴う奇跡を信じて祈りつつ、
さらにジムに出かけて並んで汗を流していると、12月に入る少し前に
不思議に滅入っている気分がどこかにいっちゃったんですね~♫

Oさんの社会復帰のため、新しい人生を歩むために、
牧師として出来ることをさせていただいているのですが、
私の方もOさんに支えられているような気がしています。

相乗効果なんですね。

2012年クリスマス案内

また雪が積もり始める12月にクリスマスがあるということ、
このことも大きな恵みだなぁと思います。

明日もクリスマスの恵みを覚えながら、
アドベント第3週の礼拝を捧げます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |