FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

加湿器

日曜日の夜、Ⅱ礼拝の途中に宅配便が届きました。
この日のⅡ礼拝は私たち夫婦とOさんの3人だったので、
「聞けや歌声」を賛美している時に、司会の妻が宅配を受け取り、
私が奏楽をしてOさんと賛美をしている、そんな風景でした(笑)

Ⅱ礼拝は仕事などのために朝の礼拝に来れない方のためのもので、
リラックスとした雰囲気で行っています(夜7時半~8時半)。
だからこういう宅配便ハプニング(?)も違和感なしです。

Ⅱ礼拝後に宅配便の封を解くと、
その中には前の週に頼んでいた加湿器が入っていました。

雪国なので冬はストーブを強く焚きます。
そこでストーブの上に蒸発皿、また他の加湿器、
そして我が家の加湿器も礼拝堂に持ってきて潤いを保つようにしています。

しかし我が家の小さな加湿器が故障したようで、
礼拝が始まる前に妻は霧吹きをカーテンに吹きかけて湿度をげていました。
そこで礼拝堂用に少し大きめの加湿器を購入しました。

新加湿器

電気屋さんにも出かけ、いろいろと店員から説明を聞いたのですが、
amazonで購入した方がかなり安かったのでネット注文しました。
(店員さんには申し訳ないのと、詳しい説明をありがとうの思いです)

購入のポイントとして、加湿具合、静音、電気代、フィルター交換年数、
お手入れのしやすさ、大きさ、価格などを総合的に判断しました。

私としては空気洗浄機に加湿機能が付いたものが良かったのですが、
やはりそれなりのお値段がね・・・。

旧加湿器

以前のものは、講壇近くに置くことになりました。
これは蒸気(?)が目に見えて、いかにも「加湿してます!」感いっぱいです。
ただちょっと音が大きいんですね。

それに比べて新しいものは静音で良いですね。
しかし蒸気が目に見えなくて「ホントに加湿してるの?」という感じでしたが、
妻は「今度の加湿器は違う!潤っている」とご満足の様子でした。

私自身は湿度と言えば、大阪のジメジメした梅雨を思い出し、
加湿よりも除湿をイメージし、冬の乾燥は気になりません。

女性は湿度に敏感なようですね。
また最高気温もマイナスの真冬日になっているこの頃は乾いた雪なので、
内も外もきっと湿度が下がっているのでしょう。

「目の光は心を喜ばせ、よい知らせは骨を潤す」箴言15:30


加湿器による潤いと共に、クリスマスの良き知らせによって、
多くの方々が潤されることを願っています♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |