FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

2012年のクリスマス

毎年、毎年、クリスマスはやってきます。
今年はいろいろあったから、クリスマスはお休みしようか、
そういう年は1度もありません。

そしてキリスト教会は、クリスマスをお祝いするのですが、
クリスマスのプログラムや案内についても、
けっこういろいろ考えたりするものでしょう。

私のように「行事に忙しくない教会」を目指していても、
他の教会に比べれば圧倒的に少ないのですが、
クリスマスのための準備をいろいろとしています。

クリスマスの案内

その1つに、クリスマスの案内を作成することがあります。
上の画像のように、だいたい教会関係が多いのですが、
一般のチラシからフォント、図柄、色使い、構図、文言などなど、
「いいなぁ」と思ったものを参考にしようと画像保存しています。

しかし忙しくしたくないのに、なんやかんやとやることが多くなる年末、
結局それらの集めた資料を参考にする暇もなく、
突貫工事でクリスマスの案内を作成しているというのが現状です・・・。

ま、それはそれで良いかぁと思っています。
所詮、wordで作成しているレベルのものですから!

昨年は妻が作成したのですが、今年は私が担当しました。
突貫工事の割には、なかなか良いものができたと自画自賛しています。
(それは、誰も何にも言わないと言うか、言う前に自賛しているのです・笑)

2012年クリスマスポスター

最初は「平成明朝体」という太い明朝体を使っていたのですが、
「字が固い」と妻のご指導が入り、妻好みのもので仕上げました。

案内ですから、センスは大切です。
美術の発展に教会は大きく寄与してきたにも関わらず、
現代ではクリエイティブ(創造)という神の豊かな賜物が、
教会からどこかに移ってしまっているようです。

しかしどんなに素晴らしい案内をプロに頼んで作ってもらっても、
やはり一番大切なクリスマスの喜びが人々に届けられる、
そのことが主役でしょう。

ある教会の年輩のご婦人が、
「教会のクリスマス案内から、イエス様が消えちゃった・・・」
と言われていたのを覚えています。

主役のキリストが忘れられないように、
キリストを示す聖書の言葉を記しました。

明日のクリスマス礼拝と祝会、そして明後日のキャンドルサービスで、
東方の博士たちと同じような「喜びを喜ぶ」ほどの礼拝が捧げられ、
救い主誕生の喜びがしっかりと灯されますように♪

クリスマスは、どうぞお近くの教会へ!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |