FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

こだま

同じグループに属しているN先生、
牧師らしからぬ牧師というところがN先生の持ち味でしょう。
(もちろん褒めているのです、先輩牧師ですし・笑)

神学生時代からの幾つかの武勇伝を聞いていますが、
これがまた抱腹絶倒、ホントN先生らしいのです。

今から15年ぐらい前に、私が大学を卒業して就職したばかりの頃、
「アメリカ西海岸&ハワイ 青少年・教会訪問ツアー」なるものがあり、
学生時代に行けなかった外国とやらに初めて行ってきました。

当時青少年の委員長で英語の話せないN先生が団長でした。
サンフランシスコ空港で団長のN先生が迷子になって待ち合わせ時間に遅れ、
飛行機を一本遅らせるという、楽しいハプニングで始まった旅となりました。
それがN先生との出会いでした。

数年前、「大事なお話しです」と私にメールを送って下さり、
「なんだろう?」と本文を読むと、「剣道をぜひ再開してください。
そして一緒に試合をしましょう」とのことでした。

とても大事なお話しのようでしたが、なかなか再開できずにいます。
もう20年以上竹刀を握っていません。期待にそえなくて申し訳ないです。

ehco

そんなN先生が、まさか詩を書いておられるとは大きく驚きました。
まるで詩とは関係がないような性格のように思えましたが、
こういう詩を書かれるのだなぁと、尊敬の眼差しです。

N先生の場合、言葉をつむぐというよりも、
湧き上がる思いをそのまま言葉にしたという感じです。

「こだまだったらいいのにな」
イエス様が「あなたの罪は赦されました」と言うと
「私は罪の赦しより、病気の癒しの方がいい」と言う

イエス様が「あなたは神の子とされました」と言うと
「私は神の子より大金持ちの子の方がいい」と言う

イエス様が「あなたを人間を獲る漁師にしてあげよう」と言うと
「私はそれよりもお金を取る人の方がいい」と言う

イエス様が
「あなたは神様を賛美することの出来る人とされました」と言うと
「私が人々から賛美される方がいい」と言う

イエス様が「あなたは神様にお仕えすることができます」と言うと
「私は神様が私の為に働いてくれる方がいい」と言う

イエス様が「いつもわたしはあなたと共にいます」と言うと
「私が必要な時だけにしてほしい」と言う

福音が福音として伝わらない
イエス様の言葉は全て福音なのに

福音が福音として伝わらない
福音が喜びとなって伝わらない

「遊ぼうと言うと、遊ぼうと言う」
「バカというと、バカと言う」

みすずさんの詩のようだったらいいのにな
こだまだったらいいのにな


信仰の本質をしっかりと突いておられます。
良い意味で難しく深いことを考えない先生だと思っていましたが、
私の人を見る目の方がいかに表面的かと反省しています。

主イエスの言葉が、私の中でこだまされているか、
また喜びとなって他の誰かにこだましているか、
自分自身の内側が探られます。

主イエスの言葉、福音がこだまとなっていく、
明日はそんな新年礼拝を捧げていきたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |